社員証に関する情報が満載!

社員証は注文から作成までにかかる期間とは?

社員証は注文から作成までにかかる期間とは? 社員証は多くの企業でも活用されていますが、それを発行するまでにある程度、期間がかかってしまうのが一般的です。
まず社員証を新たに作成する場合には、デザインを入稿する必要があります。
デザインは豊富なテンプレートを活用するか、エクセルやワードなどでデザインを自分で作成する、注文先に大体のデザインを口頭や手書きなどで伝えて原稿を作成してもらうという三つの方法となります。
デザイン原稿を作成依頼をすると2日間ほどかかってしまうのが一般的です。
原稿が出来上がったら試作品を作成して、それをお客さんに確認をして貰い、納得したらその後に本格的な印刷を行う流れとなります。
印刷には約3日間ほど要し、それを発送される流れになります。
郵送などを利用する場合も多いため、郵送するための期間もかかるため、社員証が出来上がるには、注文からトータルで約1~2週間はかかってしまうと考えた方が良いです。
なおデザインがあらかじめ決まっている場合には、原稿作成や入稿をしなくても済み、印刷するだけとなりますので、2~3日ほどで作成されます。

社員証を作成するときの流れ

社員証を作成するときの流れ 業者に社員証作成を依頼した場合、どのような流れになるかというと、まず社員証の基本となるデザインを業者から示された数種類の中から好きなものを選びます。
選び終わったら次に、カードに印刷する企業や会社などのロゴマークを業者に送ります。
それから、カードに表示する社員番号、氏名、役職などの必要事項をレイアウト指示書に記入してから業者にファックスなどで送ります。
出来上がったサンプル画像が業者から添付メールで送られてきたら、それをチェックして、気に入らない箇所があれば修正をしてもらい、オッケーであれば試作品として1枚作って発送してもらいます。
それが届いたら再びチェックをして、特に問題が無ければその後に作るメンバーリストや顔写真を合わせて業者に送ります。
大体約1週間程で社員証は完成して、手元に届きます。
届いたカードをチェックして、問題が無ければ入金をして全て完了となります。
これが社員証を作成する時の大きな流れになります。

新着情報

◎2018/5/9

就活時の写真を社員証にしていい?
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

社員証が裏返るのを防止するには
の情報を更新しました。

◎2018/1/16

顔写真はどんな表情で写るべきか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

社員証の格安作成方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

社員証の注文
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

サイトを公開しました

「社員証 発行」
に関連するツイート
Twitter